エビガライチゴの収穫♪

 8月に入り待ちに待ったエビガライチゴの実がなる時期に入ったようで、山の頂上まであがる道を登っていくだけで、かなりの量が収穫できます

 こんな感じでいろんな箇所に生えています↓

 エビガライチゴの収穫1

 エビガライチゴの収穫2

 すぐに小さい容器一杯になって、余った分は子どもたちのおなかの中に(エビガライチゴの味は栽培されているイチゴに近くてほどよい酸味&甘みなので、すごくおいしいです!!

 エビガライチゴの収穫3

 山からの恵みに感謝してみんなでおいしく頂きます




 

 

 
スポンサーサイト

子どもたちの安全対策グッズ♪

 長男&長女の小学生二人組にはどんぐり山のお仕事をしっかり頑張ってもらっているのですが、いくら少し整地をしている山といっても危険な虫(この間、どんぐり母はスズメバチに刺されました~)やとげのある木などまだまだ危ない事も多いので、この間、道具や大人の分を購入する際に子どもたち用の安全グッズも入手しました

 子どもたちの安全対策1

 頭にまくタオルと軍手、そして自分たち用の小さい草刈りばさみを持っていざ出陣♪

 子どもたちの安全対策2
 
 これから夏本番!!安全に気を付けて頑張ります




 

エビガライチゴ♪

 毎日通って開拓していると気づくのは、どんぐり山はその名の通りミズナラの木がいっぱいある広葉樹の山なので、生態系もカラマツの山とは全然違うということ
 
 同じ美瑛でも今住んでいる山では見かけない植物も多く、図鑑片手に一つ一つ気になった植物を子ども達と一緒に勉強しています

 その中でもやっぱり気になるのは薬効があったり、実がなって食べれるもの!!!

 いつの間にかジャングル化して山中に勢力拡大中のラズベリーも収穫して楽しんだのですが、次は「エビガライチゴ」といキイチゴの収穫を心待ちにしています

 えびがらいちご2

 えびがらいちご1

 見かけはちょっと怪しい??感じですが、実はとてもおいしいとのこと
 
 収穫したらかき氷のシロップにして食べようと今から楽しみです

 

上富良野 延寿の水♪

 先日、子どもたちが町の主催する陶芸教室に参加した帰りに、大分昔の日記に書いた事もある美郷不動尊の名水に立ち寄ったら、入口に柵と「所有者により撤去されました」的な内容の看板が!!!!

 去年の秋には利用できたと思うので、どうやらそれから利用できないようになった模様です
 
 今の家からはちょっと距離があるのでなかなか行けませんが、どんぐり山に住むようになったら飲み水をくみに行こうと思っていたのに・・・・残念です

 気になって帰宅後に色々調べてみても利用できなくなった理由はわからなかったのですが、その代わりに上富良野に湧水があるとの情報を入手♪早速、次の日に行ってきました

 上富良野の「延寿の水」↓上富良野から白金温泉方面へ抜ける「道道353号線」沿いにあります♪

 湧水発見1

 ※看板が上富良野方面から来た場合は左側にあるので、見逃さないよう注意です!※

 子ども達もおいしい♪とニコニコでした

 湧水発見2

 どんぐり山からは神隠しに合いそうな雰囲気の砂利道の抜け道を通って行けば表の道を行くよりも近いので、これからどんぐり山での作業の後においしい水を求め、立ち寄りたいです



どんぐり山の整地作業 2017夏!

 四女を出産してから早いもので一か月生活も落ち着いてきたので、少しずつですが、どんぐり山の家作りも始めました

 といっても以前に重機で整地してもらってから二年程何も手を入れれてない状態だったこともあり草や木が大変なことになっているので、まずは環境整備から!!!

 どんぐり山始動2

 クマザサ、ヨモギ、スギナの生命力にはびっくりしますが、草刈りしながら(子どもがいるので刈払機は使わず全て人力です!)はえている植物の観察していると、知らない植物に出会えてけっこう楽しいです

 基本、どんぐり母→草刈り、どんぐり父→つるはしで整地作業、子どもたち(大きい子組)→どんぐり父のお手伝いで穴を掘ったり土はこびなど、といった感じで朝の6時前から2~3時間の作業なのでなかなか作業は進みませんが、子どもたちに道具の使い方を教えながらどんぐり山で過ごす時間はとてもかけがえのないものだと思うので、焦らず、楽しみながら頑張ろうと思います

 
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数