FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽減税率について思う事

 選挙前からよく聞くようになった『軽減税率』という言葉

 あまり日本ではなじみがないシステムなので、一般の人にもわかりやすいようにと軽減税率を導入している外国の例として簡単な図や表が出されているのをよく見かけますが、

 軽減税率の説明の図
 
 カナダのドーナッツ5個以下だと消費税5%、6個以上買えば0%という説明&図・・・

 そもそもドーナッツがどーのこーの前にカナダは食品全般には非課税(消費税ゼロ)なのに、どうしてドーナッツなんて買うのか買わないのかも分からない物の税率の話を持ち出してくるのでしょうか

 カナダ(バンクーバーのあるBC州)では食品全般・ 眼鏡・コンタクトレンズ・医療費(歯医者など)・住宅購入・BC州フェリー代・尿吸収パッド・保険などなど、リストアップしたら非課税だと有難いよねという数多くの物やサービスに非課税になる措置がとられているのに、どうしてそういう事は言わないのか

 昨日のメディアリテラシーの話にもつながりますが、なんだかすごく意図的に「軽減税率ってなんだかめんどくさそうね~お買い物が大変になりそうだわという方向に民意をむかせようとしているようにどんぐり母は感じました。

 出される情報を自分で正しいのかどうか検証しないで受け取ると、知らないうちに情報の発信者に考え方をコントロールされてしまうという事が起きる、いい例ですネ

 もしこれが「カナダの軽減税率では食品の購入は非課税ですよ~」なんていう記事なり画像だったら、だれだって「それだったら家計も大助かりでいいわぁ」となるはずです

 そもそもカナダ(BC州)では州の健康保険に加入していれば(留学生もビザの期間によっては加入可。月々の負担金は大人一人で約50ドル程度でした)どれだけ病院に行こうが大手術を受けようが医療費は無料なので、ただやみくもに消費税を上げている日本とは大違いです

 これからどういう流れで実際どんな軽減税率が導入されるのかまだまだわかりませんが、個人的には最低限食品にたいしては軽減税率を導入して欲しいな、と子ども四人育てる母としては切実に思う今日この頃でした

 ブログを始めたばかりなので、ぽちっと応援頂けますと励みになります!(田舎暮らしとは関係ない内容ですみません!
 
田舎暮らし ブログランキングへ 


 

 

 
スポンサーサイト

カナダの素敵な家♪

 どんぐり山の大家族の父&母はカナダのBC州(バンクーバー近郊)に2008年夏~2010年2月まで暮らしてました(その頃には結婚していたのでメインのどんぐり母はStudent Visa、どんぐり父は配偶者ビザでの滞在です

 向こうの大学院(Simon Fraser University)の受験から始まって合格後のビザ取得、そしてカナダに暮らしてからの事まで話し出したらどれだけでも話せるというほど色々あるのですが、本業の学問はもちろん、最後には初めての出産を外国でという荒業もこなしたりと、振り返れば結構いい思い出です

 住んでいたのはNew Westminsterという街の9thStreetにあるアパートだったのですが(下の写真参照
 
 住んでいたアパート

 近くには自然の多い公園がたくさんあったので、勉強に行き詰まったり、長男妊娠中のつわりで苦しんでいた時にはよく散歩で出かけたものです
 
 その散歩コースの中でもよく出かけたのがQueen's Parkという公園まで行くコースだったのですが、昨日の日記で書いたように、公園付近にはとても素敵な家がいっぱいあったので、家づくりの話ついでに写真を引っぱり出してきてご紹介しちゃいます

 カナダの素敵な家①

 カナダの素敵な家②

 カナダの素敵な家③

 カナダの素敵な家④

 カナダの素敵な家⑤

 カナダの素敵な家⑥

 カナダの素敵な家⑦

 カナダの素敵な家⑧

 どの家も日本の昨今の家と比べると一つ一つが個性的で、デザインも凝ってますネ

 この写真の家たちの建つエリアは公園近くの落ち着いた街並みで人気があるらしく、現地の人に言わせるとミリオンハウス(一億円程度)だそうなので、ごく一部の人しか住め無いエリアですが、こういった高級住宅エリア以外でも税金で歩道もしっかり整備され、生活道路にはほとんど車が入らないようになっていたので、とても住みやすかったです
 歩道

 もちろん日本にもカナダにもそれぞれ良い点・悪い点があるわけですが、住まいに関して言えば、向こうの人の自分たちの大事な家族が住む家に対しての思い入れや、思い描く理想のよりよい暮らしを家というものを通じてストイックに実現していく姿にはとても学ぶところがあると思います

 でもそれって昔の日本人は住まいに対して同じ感覚(家族が幸せに暮らすための場所という意識)を持っていたのではないかなぁと色んな本を読んでどんぐり母思うので、残念なことですが、日本人は経済活動の波にのまれて、大切なものを忘れてきてしまっているのかもしれませんネ(立派な家はあるけど両親は支払いがあるから仕事でいつも不在・子どもはいつもご飯は一人とか・・・・家族の在り方も含めて、家ってなんなんだろうなぁ?、とか、なんで自分は他の物はいらないけど家が欲しいって思うのかなぁ?など、色々考えます

 なんか気が付いたらお昼間からシリアスな感じになっちゃったので、このへんで


  ブログを始めたばかりなので、ぽちっと応援頂けますと励みになります!
 
田舎暮らし ブログランキングへ
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。