スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族が増えました♪

 出産後のバタバタですっかりご報告が遅くなりましたが、先日無事に第6子(四女)を出産しました

 6人目出産2

 まだすやすや寝ている時間も長いですが、おめめがクリクリとした元気いっぱいの女の子です
 
 今回は6回目の帝王切開ということで事前には癒着胎盤や子宮破裂などのリスクが心配されていましたが、そのような事態には幸いにもならず。

 そういった点ではほんとうに良かったのですが、手術中に左足付近だけの麻酔の効きが悪い事が判明して途中から全身麻酔に切り替わるという緊急事態になったので(たまにそういった事がある?との話だけど、原因不明とのこと)、赤ちゃんへの麻酔の影響の経過観察などで6人目にして初めて赤ちゃんにすぐに会えないという状況は術後の痛みと合わさって結構辛かったです・・・

 その後は幸いにもNICUに二日ほど入るだけで同室になりましたが、ほんとお産は何があるかわからないものですね。

 まだ今日で産後2週間であまり長時間のPCもよろしくないと思うのでまた詳しくは後日書きたいなぁと思っていますが、なにはともあれ無事に産まれてきてくれた事に感謝しつつ、これから大事に育てていこうと思います

 ちなみに・・・入院中はどんぐり父一人で5人の子供の世話を、退院後は三重県からおばあちゃんが助っ人に来てくれているのですが、二歳にもうすぐなる次男を含め、みんな赤ちゃんを迎える為にお手伝いをしてくれたりおりこうさんにしてくれたので、とてもうれしかったです

 おばあちゃんと畑仕事をする子どもたち↓産まれたばかりの赤ちゃんを見ていると、それぞれの成長ぶりにいちいち感動しています(笑)

 6人目出産3







スポンサーサイト

もうすぐ・・・♪

 6月に入って長男&長女の運動会があったり、どんぐりの木&草花共にモサモサ茂っているどんぐり山で畑仕事をしたりして毎日慌ただしくしているうちに、気が付けば出産まであと5日となりました~

 どんぐり山と出産準備2

 7歳長男↓今年は6歳長女と共に鍬や鋤を使って、お腹が大きくて動けないどんぐり母の代わりに大活躍です

 どんぐり山と出産準備3
 
 赤ちゃんの肌着の準備やチャイルドシートの取り付け、入院中の食材の注文などは無事に終わったので、 あとは入院用の荷造りと赤ちゃん用のベッドの用意、そして赤ちゃんが産まれるまでに!!と台所の快適化計画(リフォーム)を頑張ってくれているどんぐり父の応援といった感じで、入院までの残りの三日はあっという間に過ぎていきそうです
 
 ちなみに今回も何もなければ三日目で退院予定

 病院だといくら個室に入院しているといっても子どもが多いために色々面会時に気を遣ったり、どんぐり母自体もなかなか気が休まらなかったりするので、こればっかりは赤ちゃん次第(退院出来るかどうかは主に体重増加と黄疸の程度といつも言われます)ですが、早く家での暮らしをスタートできるように赤ちゃん共々頑張りたいと思います

 また出産後落ち着いたらご報告します~







 

妊娠24週健診&妊娠糖尿病の検査

 昨日は妊娠24週目の健診に行ってきました~

 6人目ともなると妊娠週数はすっかりカウントするのを忘れ、いつも健診に行って「あぁ、もう〇〇週かぁ!」となるのですが、24週と言うと赤ちゃんも600gを越える大きさになっているので、日々激しくなる胎動を感じてうれしくなる毎日です

 ちなみにすでに腹囲は89cm、子宮底長は29cm!!!どうりで狭い家がもっと狭く感じるわけですネ(笑)

 さて、無事にエコーも終わり、普通なら妊娠中期の検査という事で妊娠糖尿病の検査である「糖負荷試験」をする流れなのですが、どんぐり母はあの甘い炭酸ジュースのような液体がどうも苦手で

 色々ネットでは「ジュースみたいにおいしくて一気に飲んだ!」とか書いてある人もいるようですが、もともと炭酸飲料が飲めない上に独特の人工甘味料?的な味、そしてそれを結構な量を飲まないといけないとなると、どんぐり母にとっては毎度毎度苦行でしかなく・・・

 前回の妊娠から先生に相談して、血液検査で血糖値を測定してもらう事にしました~(出産予定の病院の場合では原則は違うけど、血液検査でもOKとの事でした。参考までに

 結果は血糖値も、ついでに調べた貧血も全く問題なかったようで、ひと安心雪解けのあとはどんぐり山の方も始動するつもりで夜な夜などんぐり父とあーだこーだと作戦会議を開いているので、この調子で出産までなにもなく元気に育って行ってくれるとよいなぁと思います

 その前に四月からピカピカの一年生になる長女の入学準備を頑張らないと母は強し!で頑張ります







 

 

 
 

 

短い秋&妊婦健診の超音波検査

 10月に入って大阪からお義父さん&お義母さんが遊びに来てくれたり、その間に長男の小学校入学に向けての就学前健診があったりとイベントが重なりバタバタしていましたが、気が付けば天気予報に雪という文字をみかける季節になってきました~

 なんだかここずーっと天気の悪い日も多くてせっかく購入した薪ストーブも設置する時間もなく

 大阪のお義父さん&お義母さんがいらっしゃっていた間は奇跡的に晴天が続いてよかったのですが(写真のように気持ちのいい晴天!!)、あまりに雨や強風が続くと子どもたちも外で遊べず元気がありあまってしまって困ります~

 どんぐり山近くの牧場の道
どんぐり山のご近所の牧場から

 どんぐり山にも様子を見に行ったのですが、今年は去年と対照的にどんぐりが大不作

 去年山道を登っていると落ちたどんぐりで滑るほどだったのが、今年は全然見当たりません

 当たり年みたいなのがあるとは聞いていてもこれほどまでに違うとはびっくりです

 さて。話は変わりますが、妊娠中の超音波検査について思い出したことがあるので、今日はそのことについて書きます

 日本では妊婦健診といえば超音波でのエコーというぐらい頻繁に行われ、妊婦さんも赤ちゃんの様子がみれるのを楽しみにしている方も多いと思いますが・・・

 今回、妊娠初期に気になって調べてみたところ、このエコーに危険性があるとのデータがあるそうなのです(気になる方は色々調べてみてくださいね

 良く考えてみればカナダの時は特に異常がなければ妊娠期間を通じて一回だけ。しかも専門家が専門の部屋で行う、日本と比べてシリアスな感じの検査だったような・・・?!

 リスクがあるなんて知らなかったぞー!!ということで、情報収集をした後どんぐり父と相談した結果

 ・胎児がある程度の大きさになるまではエコーを受けない(特に胎児とよばれる前の段階だとリスクが高いそうなので)
 ・出産まで必要最低限のエコー検査を希望する

 ということにしました

 幸い、三女の出産時に次いで二回目のお付き合いになる先生は理解のある方で、こちらの希望を伝えたら、本当に必要なのは前期・中期・後期のそれぞれ一回なのでそれでいきましょうとすんなりなりました~(毎回するのはサービス的な意味合いで医学的にはそれほど必要ではないと言っていました

 そんなわけで、結果的に今回の妊娠でのエコーの合計回数は四回(内一回は時間をかけて検査してもらうスクリーニングという検査)

 エコーがないとなると、毎回の健診もあっけないもので、体重・血圧・尿検査・腹囲等の測定を助産師さんの部屋で終わらせて先生に見てもらう時には

 『なにかおかわりないですか?』→『とくにないです

 とちょこっと話をして、次回の予約を取ってもらって終了です

 赤ちゃんの様子を見れないのは少しさみしい気もしますが、安全と言われている検査にも少なからずリスクがあると分かった以上、必要以上にエコーを受ける気はないので、よかったと思っています

 それに赤ちゃんの顔は元気に産まれてきてくれたら毎日眺められますからネ

 どうも日本の出産はカナダやその他諸外国と比べると妊婦さんへのサービス的な要素が多くて、それが良くもあり悪くもあるのですが、何か検査や医療行為を受ける時はそれって本当に必要なの?と少し疑問を持って調べることも大事だなぁとこの件で思いました
 
  

つわりには卵?&美瑛のおいしい卵発見!!

 今から14年ほど前。どんぐり父がまだ大学生&アルバイトでUSJのパレードに出演していた頃のこと(映画ETの主役の男の子のキャストで出ていたそうです~

 USJパレード

 その頃に出会って途中うちがカナダに行ったりで疎遠になったときもありながら、同時期に最初の子どもが産まれたりで今に至るまで仲良くしているお友達が京都にいるのですが、先日三人目を授かったとの嬉しい連絡があきこさん、おめでと~\(^o^)/

 今はまだ妊娠初期でしばらくはつわりとのたたかいになりそうな感じだったので、急遽帝王切開についての話は後回しにして、どんぐり母が五回目の妊娠の時に参考にしてつわりがかなり楽になる情報があった、オーストラリア在住の方のサイトをこのブログを使って紹介させてもらいます

『健康で幸せなマタニティーをお手伝い』
 http://ameblo.jp/oldstylenaturallife/

 詳細は興味があれば読んでもらうとして、その中でもどんぐり母の場合、妊婦は卵を積極的に食べたほうがよい、との情報をもとに手に入る中でいちばん自然な環境で育った卵を一日二個食べていたら、なんと前四回の妊娠ではうーうー言っていた時期にけろっとつわりがおさまって、体調も絶好調に

 厳密にいうとその他色々試してみていたこともあるのですが、直感的にはこの一日卵二個(調理法は温泉卵)が妊娠期間を通してかなりよかったような気がしているので、つわりがしんどい妊婦さんにおススメです
 
 ただし・・・・上で紹介したブログにもあるとおり、食べるのは出来るだけ自然な環境で、自然な餌を食べている鶏の卵を選んでくださいネ

 ちなみにどんぐり家は先日、美瑛の美沢で平飼い・有精卵を販売しているつばた農園さんというところを直売所で発見したので、これからはそちらから卵を購入しようと思っています

 つばた農園さんの卵

 かなりお財布的にはきびしいですが(お店では一個60円ほど、直接買いに行ったら一個50円との情報)、なんといっても自然な環境で大事に育てられた鶏の卵であること、そしてなにより味がすごくおいしいかったことからリピート決定です

 早速買ってきた卵でプリンをつくったので、子どもたちは大喜び

 みんなきれいに食べてました(写真は我が家の三歳の次女です

 プリン

 どんぐり母は妊婦生活はとりあえず卒業ですが、まだまだしばらくの間は授乳中&育ちざかりの子どもたちのご飯をつくっている身

 オーストラリアやカナダ程は簡単にみつからなくても、これからもあきらめずにこんな感じでよい食材をボチボチ探していこうと思っているので、また何か見つけたらブログでご紹介しま~す

 



 

  
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。