水道水 vs 地下水

 そろそろ一月も終わり、春に向けて家作りの気持ちが盛り上がってきたところで、ここ数日はライフラインの「水の確保」をどうするか、いろいろ問い合わせたりして検討しています

 検討しているのは、一般的な水道水と地下水から水を引く井戸の二つです

 まずは水道の方から

 町役場の担当課に電話し、色々話を聞いた所、工事は町の指定水道業者とやらに頼む必要があり、費用は家の立地などによって変わるでしょう&指定業者は美瑛町内ではなく旭川の業者もあるから(60社程度が登録しているらしい)、家を建てる工務店に相談してねとの事。

 うーん。わかったようなわからないような・・・。なんか頼りないお兄さんで、あまり詳しくなさそうでしたが、とりあえず、費用は依頼する水道屋&家の場所次第という事がわかったので一旦保留し、次は地下水の方について調べることに

 先ほどの役場のお兄さん曰く、
 ・美瑛でも人口の95%は水道水利用だけど、場所によっては地下水を利用している場所もある
 ・市街地でも20m程度で飲むのに適した水が出ているらしい
 ・隣町の東川町は水道ではなく地下水利用をしているが、美瑛でも場所的にはほぼ同じなので、いい地下水が出る可能性が高い
 ・丘の上に住むと、地下水を引くのにかなりの費用がかかる

 との事で、この事について大体想像していた通りだったのですが、役場の人に聞くと、地下水の利用もかなり現実的に感じます

 その担当のお兄さんは費用に関してはしらない、との事だったので、ここでお礼をいって電話を切り、今度は旭川近辺でさく井工事(井戸の掘削)をしてくれそうな業者をネットで探すことにしました

 最初にドーンとHPが出てきたのは「旭川ボーリング工業協同組合」さん。

 早速お問い合わせ番号に電話をしてみたところ、担当の方から折り返し電話をもらえることに

 しばらくして電話がかかってきたのですが、話の内容は・・・

 ・美瑛は丘の上だと100m程度掘ることもあって、費用も500万くらい必要
 ・山のふもとだと20m程度で出るかもしれないけど、概算で費用は1m25000円程度だから約50万程度+ポンプ代
 ・近くに地下水を利用している人がいたとして、どれくらい掘ったかわかればもっとしっかり見積もりを出せるよ

 といった感じのお話しでした

 家を建てるのは丘の上ではないから一つ目はよいとしても、工事費&ポンプ代で最低60万程度となると、かなり費用的にお高いですネ~

 水道を引くのとくらべてどっちがどうかはまだ見積もりを取らないとわかりませんが、水道の方は水道管のある道路から家までの距離は10m程度になると思うので、この金額だと、水道を引く方が安いかも・・・?!

 でも、そうであっても水道水は塩素など好ましくないものも含まれている&水道代もかかるので、出来ればミネラルたっぷりの地下水で行きたいしなぁ・・と、今回の調査ではまだはっきりどっちにしよう!と決められない結果になりました

 今の感じだと、理想で行けば地下水現実的に行けば水道水ですネ

 まだ他の井戸の業者さんもありそうなので、とりあえずはあきらめずに、お問い合わせしていこうと思います

 

 
 

 

 

 
スポンサーサイト

家にいても水筒大活躍♪

 昨年のクリスマスプレゼントに大阪のおじいちゃん&おばあちゃんから子ども達一人ずつに水筒をプレゼントしていただいたのですが、最近はその水筒に毎朝ルイボスティーを入れてあげ、一日中、子どもたちの好きな時に飲めるようにしてあげています

 これまでは子どもたちの「おかぁ~さん(もしくはそこにいたらおとーさん)、のど乾いたぁ~お茶ちょうだい」という言葉に、お料理中や何か手を離せないときは「ちょっと待ってね」となっていたので、この自宅でマイ水筒制にしてから、かなり楽になりました(なにせうちは子どもの数が多いので、このやり取りが何度も続くと、何度もやっている事を中断しなくてはいけないので、結構大変なのです

 それにこまめな水分摂取は大人も子供も大事なので、それが出来るのもとても良いですネ

 それにしても何年か前は水入りのボトルを渡したらそこらじゅうにこぼしたり、ばらまいたりして大惨事を起こしていた子どもたちが何事もなく水筒からお茶を飲んでいる姿を見ると、成長を感じます

 そういえば昔はあれほど「おもちゃを片付けなさい!!」って毎日言っていたのが、最近はご飯の用意が出来てきたのを見計らって勝手に上の子たちが率先して片付け出来るようにもなったし、同じような毎日でも、子どもはしっかり成長しているものですネ

 上の二人がいいお見本になる→下の子たちも真似して出来るようになる図式のおかげで、子どもが多いと大変ねとよく言われますが、意外と人数が多くても数が増えるほどどんどん大変さが減って、子どものかわいいところを楽しむ余裕が出来るなぁとどんぐり母は思う今日この頃です

 

 

自宅で筋トレ♪

 最近日常の話ばかりで丸太小屋の話がご無沙汰でしたが、工法のお勉強と一緒に丸太を積むための体作りを始めました

 経験談を見ていると建てるうちに筋肉が自然とついていくようですが、丸太を運んだり、持ち上げたりするのに、出来るだけ力があった方が安全ですからネ

 筋トレの道具はたまたまリサイクルショップで売っていたダンベルセット(合計100kg以上の大量の重り&バー&支えるスタンド付きで格安で売られているのをGET)&筋肉を効果的につける為のストラテジー的な冊子です

 なーんてえらそうに書いてますが、もともとどんぐり母は力仕事で役に立つとは計算に入っていないので(もっぱら子守り担当&段取り係)、この筋トレもどんぐり父がメインです

 もともと筋トレ&格闘技が趣味な人でしたがここ数年は仕事&子育てに追われ?!筋肉が大部小さくなってしまっていたのですが、そこは昔取った杵柄、食事の内容を筋トレ用に変え、少し筋トレしただけですぐ昔のようにムキムキボディーに戻ってきていますなんとうらやましい体

 とりあえず今は25kgの重りのダンベルで広背筋を鍛えているそうですが、どんぐり母が持ってもこのダンベル、うんともすんとも持ち上がりません

 ダンベル

 とりあえずが広背筋は片腕で40kg位の重りを目指して、同時進行で他部位も鍛えるそうです

 ダンベル用のおもり

 効果的な筋トレには効果的な食事が肝心とのことなので、(いくら一生懸命筋トレしても、食事がダメだと筋肉はつかないは体は痛めるはで残念な結果になる)、専属栄養士?!として一緒に勉強して、サポートしたいと思います

 

 

家中どこでも「えひめAI」が大活躍♪

 タイトルのえひめAI (現在は改名してマイエンザという名前)とは・・・納豆、ヨーグルト、ドライイースト等を発酵培養した液体で、「酵素を含む複合微生物の環境浄化微生物資材」のことです

 ・・・・なんて言ってもよくわからない感じですが、この通称「あいちゃん」は我が家の家中のお掃除に大活躍しているかなりの優れものです

 材料はヨーグルト・イースト菌・納豆・砂糖&お湯だけなので、子どもがなめようが危険性ゼロそれでいて、台所の排水溝のぬめりもすっきり、頑固な換気扇の油汚れも一晩キッチンペーパーで漬け置きすればこのあいちゃんだけで大部分落ちます

 夏場の生ゴミの匂いや、こどものおむつの匂いにもシュッと一吹きで効果抜群!その他にも畑にまいたり、浄化槽に入れたり、使い道は無限です

 あいちゃんの作り方は一週間発酵させるやり方と一日で完成のやり方と二つあるので、お好みの方をどうぞ。簡単にですがご紹介します

 一週間コース

 【材料】
1、納豆   : 1粒
2、イースト : 2g
3、ヨーグルト: 25g
4、砂糖   : 25g
5、水    :450ml

  ※ヨーグルトは、飲むヨーグルトでも大丈夫です。
  ※砂糖は、白砂糖や三温糖などでいいです。
  ※水は米のとぎ汁を使ってもいいです。

【他に用意するもの】
1、容器   :500mlのペットボトルで作って
        スプレーボトルにいれて使います。 ※うちはビンで作ってます

【作り方】
1、500mlのペットボトルに材料を入れてよくまぜます。

2、35度の温度で1週間ほど発酵させる。

3、なめて酸っぱければ完成!

  材料をまぜまぜ→温度をキープして一週間待つだけなので、簡単です

 一日で完成コース 

 【材料】
 1 ヨーグルト  25g
 2 砂糖     15g
 3 イースト菌  5g
 4 納豆      0.1粒 (ネバネバのみお湯で溶かして使用)
 5 35度程度のお湯250ml + 250ml(完成時に足す分)

 粉物から混ぜて、お湯を入れた後はペットボトルホルダーなどに入れて静かに一日待つだけ発酵するので、ふたはゆるめておいてください

 えひめAI


 ※詳しくは、えひめAIの作り方・使い方というDVD付きの本があるので、そちらのほうを読んでください

 

 我が家は子どもたちもあいちゃん、あいちゃんといって作る時は大喜び(理科の実験みたい?!)、どんぐり母もおそうじ楽々で大喜びこれからも色々とあいちゃんを活用していこうと思います

 今の時代、菌=ばい菌、汚いものといった感じで世の中除菌・殺菌の商品ばかりですが、本来、人間はお腹の中にも、皮膚にも菌がいて共生しながら健康に生きている生き物なので、あいちゃんを通じて子どもたちが菌との共生を身近に感じてくれたらいいなぁと思います

 

洗濯槽のお掃除に過炭酸ナトリウム!

 なんといても我が家の家電の中で一番なくては困るのが洗濯機
 

 どんぐり山に暮らしたら昔ながらの暮らしを夢見ていますが、お洗濯だけは文明の利器、洗濯機様にお願いしたいです(どんぐり母は手にアトピーが出やすいので、ゴム手袋なしで水仕事をすると一発でひどい事になります)

 その洗濯機ですが、三女の出産のお祝いに大阪のおじいちゃん&おばあちゃんからプレゼントして頂いてから早一年

 日々、子どもたちの汚す服や大量のタオルなどをせっせと洗ってくれていますが、使用していればいくら自動で洗濯槽掃除がついているおりこうさんでも、汚れが溜まります

 そこで、我が家では以前偶然You Tubeで動画を見て知った過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を時々使用して、お掃除しています

 使い方や販売しているお店は検索すれば色々出てくるのでお好みな感じよいかと思いますが、これをするだけで、どこにこんな汚れがといったヘドロみたいな汚れがわんさか出て来て、かなりお掃除後はすっきりした気分になります

 今回の我が家のお掃除結果↓

  
洗濯機の汚れ

 まだ洗濯機の使用期間が短いからかこんな感じ(それでもちょっと目を背けたい感じ)ですが、以前使用していた洗濯機(約10年近い使用)で初めて過炭酸ナトリウムを使ってみたら、それこそこの世の終わりの様な様相でした 

 基本食べられない物は身の回りの掃除や洗濯に使用しない!
というのが我が家のポリシーですが、洗濯槽の見えないカビはかなり手ごわそうなので、この場合は致し方なしですネ

 もし自分家の洗濯機、最近不穏な感じがする・・・と思われる方は、過炭酸ナトリウムでお掃除してみるのをおススメしますきっとびっくりするような汚れが出てきますヨ

 

子ども用ビタミンDドロップ

 カナダで長男を産んだ時、病院で冬生まれの赤ちゃんにはビタミンDドロップを与えるようにとの指示があり、余り聞きなれていないビタミンなのでビタミンDってなんぞやという感じで調べてみると・・・
 
 ・日光を浴びると体内で合成でされるビタミン
 ・骨や歯の健全な成長に必要
 ・筋肉を強くする(タンパク質の合成を促す)
 ・常に血液中のカルシウム濃度を調整する

 ・1980年代よりビタミンDの効能は様々な分野で報告され、「骨粗鬆症」、「ほとんどすべてのがん」、「感染症」、「炎症性腸疾患」、「糖尿病」「多発性硬化症」「自己免疫疾患」「アトピー」「関節リウマチ」「花粉症」「慢性疼痛」との関連性が研究結果で出ている
 ・ ビタミンDが遺伝子に働き影響していることが証明されている臓器は骨、肝臓、脳、神経細胞、乳房、膵臓、脂肪、副甲状腺、腸、免疫細胞、前立腺、腎臓、皮膚などの全身ほとんどすべてである

 と、分かっているだけでもこんな感じでかなり大人にとっても子どもにとっても重要なビタミンなようです

 長男を生んだバンクーバーは 冬の間はこのビタミンDを生成するのに必要な紫外線がゼロ(北緯41度以北、日本だと青森の弘前以北なら11月 から2月はビタミンDの合成はできない)なので、赤ちゃんに経口摂取させてね、ということらしいのですが、こんな事は日本では一言も教えてくれないですよね(北米の医者もヨーロッパの医者も当たり前に知っている事を日本の医者だけ知らない?!)

 向こうの薬局にはずらーっと並んでいた赤ちゃん&子ども用ビタミンDドロップも日本だと入手することすらかなり大変なので、子育てしながら特に冬の間のビタミンD不足をずーっと心配していたのですが、最近、個人輸入サイト(iHERB)で購入できることが分かり、早速購入してみました

 ビタミンDドロップ

 1歳から12歳までの子どもを対象としていて、一日6~8ドロップスポイトであげるものです

 個人的にはサプリメントの類は好きではないのですが、このビタミンDに関しては子どもにとって不足する場合の健康上の被害が大きいと判断したので、人工的な添加物不使用で香料も天然のものと書かれているものを選んでいます

 ちなみに、サプリみたいなのはちょっと不安だし、ビタミンDを食品から摂取しいようと考えた場合ですが、ビタミンDが多い食品は魚や干しシイタケなどのキノコなど・・・どれも放射能汚染されやすい食品ばかりで、福島の事故後に積極的に摂取するのははばかられるものばかりなので、食べ物からの摂取はうちはあきらめましたさすがにリスクが高すぎます・・・

 効果の方は・・・・こればっかりは長期的な事なので長い目で見ないとわかりませんが、とりあえず上の三人はなんかおいしいものをもらってるぐらいの感覚で毎日大喜びしているので、楽しく続けていこうと思います
(なぜか一番下はこのボトルを見ると逃走します

 ちなみに、今回購入したサイトは日本語でお買いもの&日本人スタッフ在中なので個人輸入といっても気軽な感じで、商品もきっちり一週間以内に届いたので、なかなか良かったですただ商品のレビューは英語の物が多いので、英語が読めた方がよいかもうちは大人用のビタミンDサプリなどを一緒に購入しましたが、他にもオーガニックの食品やお茶、危険なものを使用していない歯磨きやスキンケア関係の日用品など、健康マニア?のどんぐり母としては、なかなか楽しくなるような素敵な品ぞろえでしたたくさんレビューサイトもあるようなので、そういったのを見てよい商品を探すのもよさそうです!

 
 

 

お誕生日ケーキに卵&小麦&牛乳不使用ケーキ♪

 本日、1月18日は我が家の長女の四歳の誕生日なのですが、今回の誕生日ケーキは

 小麦・卵・牛乳不使用のケーキにしました

 上の二人&大人は全然大丈夫なのですが、次女が卵(卵白)にアレルギーがあるようで、いつもケーキ食べた後は数日肌がカサカサするのが気になっていたので、今回は色んなレシピを調べて、卵無しケーキに挑戦することに

 とはいってもこれまでのレシピが卵をしっかり泡立てて膨らませるレシピだったので、卵無しケーキなんて本当に可能なのか出来たとしても全然おいしくなかったらどうしよう・・・なんて一抹の不安もよぎります

 あーでもない、こーでもないなんて言いながら調べる事数多くのレシピ達。

 結局、昨晩、一番よさそうなレシピを選び、意を決して試作してみました

 参照にしたレシピはこちら

 このレシピをアレンジして、砂糖の量は半分ほど、油はココナッツオイル、牛乳は水、重曹はBPで代用して作りました

 結果は・・・・

 ちゃんとしたおいしいチョコレートケーキになってる

 食べるまでかなり半信半疑でしたが、これならOKということで、本日、ケーキ型のサイズにあうように増量して、作ってみました

 子どもたちと一緒に飾りつけをして食べたのですが、みんなおいしいおいしいとペロッと完食です

 うちは幸いなことにそれほどひどいアレルギーではないですが、子育て中のお母さんで、子供が卵や乳製品・小麦アレルギーがあって大変な思いをされている方もいらっしゃるかと思うので、このレシピはかなり助かりますネ

 カカオを使うのでカフェインの事が気になる方は、カカオなしのプレーンバージョンでもよいかと思います

 今回は初めての試みでしたが、一つお菓子作りの腕があがったいい経験になりました

 ほんと、「足らん足らんは工夫が足らん!」(byどんぐり父のおばあちゃんから受け継いだ座右の銘)ですネ



 

おいしいお味噌は出汁いらず!

 最近発見したのですが、きちんと発酵させて作られた昔ながらのお味噌&農薬や化学肥料を使わずに育てたお野菜の具の組み合わせだと、昆布やかつお節で出汁を取らなくても十分おいしいお味噌汁が出来ます

 なんとなくお味噌汁とはこうするものだ!というパラダイムが自分の中にあって、ずっと出汁を取っていたのですが、昆布も海洋汚染マップのを見ていると利尻産でもそろそろ放射能汚染の事を考えなくてはいけないな、と思ったのと、かつお節はかつお節で発がん性物質「ベンゾピレン」が検出されているというニュース&データ(調べたら日本製からも検出されている)を見てから特に大量生産されている物は安全ではないと考えるようになっていたので、思い切ってやめてみたのですが・・・

 心配することは全くなかった!というくらい、全然おいしいお味噌汁を頂けています

 昔の人は栄養豊富な大地で育てた健康なお野菜&自家製の味噌を使っていたはずなので、意外と出汁をとっていなかったのでは?と思ったり・・・

 一般的には味噌汁のだしを取らないという事はかなりのパラダイムシフトだと思いますが、せっかく体にいいと思って食べているものが体に悪かったなんてことにならない為にも(だしの素は論外です)、気になった方は一度いいお味噌&具になる安全なお野菜を手に入れて、騙されたと思って試してみてくださいネびっくりするぐらい滋味があって、体が元気になります

 ちなみに・・・うちで使っているお醤油は本当においしいので、出汁なしでも、色んなおいしいお料理が出来ますおかげでうちの冷蔵庫は普通の家みたいに○○の素とか△△のタレとかめんつゆとか一切ないので、すっきりしたものですよー

 

スーパーフード♪

 最近ちょこちょこ耳にするスーパーフードという言葉。

 抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、がんのリスクを遠ざけるものなどなど健康によい栄養分を豊富に含んでいる食品の事だそうなのですが、流行りに乗るという事はあまり好きではないどんぐり母も、いいなと思ったものはちょこちょこ食生活に取り入れています

 スーパーフード大辞典という最近見つけた記事

 この記事で出てくるものだったら毎日のお茶がルイボスティー、油はお料理にお肌の乾燥ケアにとココナッツオイル、タンパク質やその他ミネラルの栄養補給にヘンプ(麻の実)パウダー、そして日本人として忘れてはいけないきちんと発酵させて作られた味噌・醤油・酢といったとことですが、その他にも子どもの大好きなそぼろを作る時にはアマランサスを入れたり、おやつにはヒマワリの種を食べたりしています

 個人的にはスーパーフードをミキサーなどで混ぜてはい!ごはんよ!(栄養素はこれでばっちり!)みたいなのはどうも嫌なので、食事は出来るだけ手間暇かけて作るようにしているのですが、いくら愛情をこめても肝心の成長に必要な栄養素が不足してたら大問題なので、こういった栄養価の高いスーパーフードを食材として取り入れるのもすごく良い事だと思います

 一過性のブームで終わらない為にも、これだったら自分の食生活にも気軽に取り入れられそうというものがあれば、ぜひ一つでも取り入れてみてくださいネ

 我が家はどんぐり山で生活を始めたら基本は自給自足を目指しますが、どうしてもここらへんでは栽培できない物でそれに含まれる栄養素が必要だと思うものは購入し続けるつもりです

  

旭川医大病院の受診患者数の推移(個人的所感)

 最初に旭川医大病院にお世話になったのが北海道に移住してきて次女を妊娠した時なのですが(前二回が帝王切開の出産だったため)、それから約三年程度時間が経ち、その間に三女の出産もあり、通う事数多く・・・

 知らず知らずのうちに定点観測みたいな感じで、一日で受診する患者の数の推移を行くたびに見ているのですが、

 三年前は一日大体1200人~1500人代、去年は1500人代~1800人代、最近行った時には約2000人と確実に一日に旭川医大を受診する(予約だけで)人数が増えています

 それに伴ってか会計までのシステムも効率化が図られたりしているのですが、それでも最近は受診後からお会計が終わるまでかなりの待ち時間があります(長い時で一時間ほど待ちます

 これって単純に高齢化のせいなのか?それとも何かほかに原因があるのか・・・

 難しい事は良く分かりませんが、先生の話を聞いても混みすぎで午前中の診察が午後になっても終わらなかったりと大変なようなので、このままどんどん患者数が増え続けたら、医療関係者の負担も相当なものになりそうですネ。

 自民党の医療制度改革関連法案で紹介状なしで大学病院を受診する患者を対象に5000円から1万円の負担を求める案(今は旭川医大で3000円の負担)が出ているのはそういった現状を踏まえてなのでしょうか??

 それにしても、より良い医療を受けたい・受けさせたいと思う患者の気持ちに付け込んで負担金の値上げをする、というのは、何か論点が違うような気がします。それで患者数が減るとも思えないし・・・

 紹介状はない、お金もない、という人達が本当に必要な医療を受けられなくなるのが怖いなぁ、と入院時の食事代金の負担増も含め、医療制度改革関連法案関係の情報を見ていて思いました
 

 
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数