雪、雪、雪!

 リフォームの続き(漆喰塗編)を書こうかと思ったのですが、ちょっとそのまえに先日のどか雪の記録を

 全国ニュースにもなったらしく、本州の両親など多くの人に「そっち大丈夫?」と心配されたのですが、雪かきが大変だった事と-20度以下になったであろう夜に窓の結露がバッキバキに凍ったくらいで、特に何もなくいけました~

 それにしても11月でここまでなるとは心の準備が出来てない

 朝雪かきに外に出たら車がえらいことになっていてびっくりしました

  大雪!

 大雪の後


 大人二人でせっせと雪かきして約1時間。なんとか道も出来てよかったぁと思ったのもつかの間。その後も雪は降り続き・・・

 夕方に再度雪かきに出たら朝方作った道が数十センチは埋もれてなくなってました

 しかも道路の方をみたらスクールバスがUターン途中で身動き取れなくなって大騒ぎしている

 すぐに様子を見に行って家にある砂利を提供したら、乗車していた学生さんが後ろからバスをおしたりするがんばりもあって、無事にはまっていた場所から抜け出すことが出来たのですが、突然の大雪はいろいろ危険だと再認識しました(そのあと、同じ場所で郵便局の車もスタック・・・こちらも手伝って救出しました~

 と、こんな感じで今回は田舎暮らし初心者にしては無事に乗り越えれた感じでしたが、これからますます本格的な冬になっていくので、いざというときにそなえて食料の備蓄&家の断熱化もますま気合入れてがんばります

 
 
スポンサーサイト

家の大改造始めました~!

 今仮住まい中の家はもともとの持ち主さんが夏に滞在する用に建てた別荘的な建物だとは聞いていましたが、構造上の問題(おそらく断熱材不足か施工不良?!)で実際住んでみて初めての冬を迎えるにつれて深刻な結露問題が発覚・・

 本州的な感覚でいくと結露=窓というイメージだと思うのですが、この家、本格的な冬を前にして押入れ・壁・床・窓の至る所が結露します(物を置いている所はもちろん、置いてない壁も結露してます・・・

 結露があるということは水分があるという事で、カビも場所によってはたくさん発生していたので、もはや健康的に住める家ではないと思って一時は引っ越しも頭をよぎりましたが、せっかくどんぐり山に暮らすようになっても子どもたちが転校しないでよい場所に住まわしてもらっているという事もあって、なんとか数年間はこのまま住み続けれるよう、大規模なリフォームをすることにしました

 ・・・・といっても調べれば調べるほど結露問題は一筋縄ではいかない模様

 出来るだけお金はかけずにこの問題を解決するにはどうしたらよいか、どんぐり父が夜な夜なネットで情報収集しながら悩んで出した作戦は

 ①家全体の断熱化で根本的な結露の原因の解消
 ②湿度のコントロール・・・漆喰&除湿機

 という感じでやってみる事にしました

 まずはその第一弾として、一番被害の深刻な押入れから。(その他箇所は壁から離すなど家具の移動でとりあえずしのぎます)

 押入れには普段の服はもちろん、布団や大事な五月人形・ひな人形も保管している&物が入れれないとただでさえ狭い家がもっと狭くなってしまうので、なんとしてでも安心して物をしまえる場所になってもらわないと困る!!ということで気合が入ります

 とりあえずは押入れの真ん中の台?が邪魔なので破壊して・・・

 押入れ破壊!
 
 破壊途中の写真↓隙間からカメムシの死骸が大量に出てきます・・・

  破壊途中

 すっきり取り払った後は全面に断熱材を貼って・・・

 断熱材貼り

 こういう作業は大雑把などんぐり母がやったら隙間だらけになってしまいそうですが、細かいところまでしっかり施工するのがどんぐり父。手抜きしない姿はプロさながらです~

 貼り終わった姿はこんな感じ↓オープンな空間になって広々&断熱材効果ですでにこれまであった冷気が感じられません

 断熱材貼り完了♪

 貼り終わった後は一日ほど放置して、お次は漆喰を塗っていくのですがちょっと日記が長くなったので、次回に続きます

 ちなみに、この押入れには新しく購入した無印の収納ケースを納めます子どもも五人に増えてますます服があふれてきているので、これですっきり片付けれれそうな予感です

 無印のPPケース


 

おねしょパンツ購入!

 その後下の子達3人の布おむつ生活は順調で、夜やお出かけの時も含めて完全に紙おむつを使わないで大丈夫になったのですが

 その勢いでまだ夜のおねしょ対策で紙おむつを使っていた上の二人の紙おむつも一緒に辞めてしまおうと思いたち、ネットで購入できるおねしょパンツというものを入手してみました~

 おねしょパンツ

 色々調べた結果、一番よさそうだったのがニシキという会社が販売しているもの。

 うちの子(6才男の子はすこし小柄、もうすぐ5歳女の子は身長高め)にはサイズ110が良さそうでした

 これまでも毎晩おねしょするというわけではなく、時々失敗しちゃう程度だったのでもっと早くから紙おむつを卒業してもよかったのですが、妊娠中やあかちゃんが産まれてからもおねしょした場合の布団などの大量の洗濯物を始末する自信がなく・・・・(特に冬の北海道は洗濯ものが多いとえらいことになります

 紙おむつの手軽さもあって今までなんとなくずるずる来てしまっていたのですが(この点反省ですネ)、このニシキのパンツは180mlの吸収量があるとかいてあっただけあって今の所、おねしょしても少し服がぬれる程度で済んでいます

 子どもたちの方もおねしょしないように頑張ろうという意識が高まったようで、その点も成長の一歩という感じでよかったかな

 このパンツ、1枚あたり2500円くらいするので洗い替えなど含めて複数枚買うとなると高いなぁ・・・と思いましたが、届いたパンツはこれまで使ったことがあるようなトレパンと比べるとかなりしっかりしたものだった&洗濯してもすぐ乾くものだったので、お値段以上だと思います

 6歳の長男の方はこのパンツにして以来おねしょをしなくなったので、この調子でいったら小学校入学する頃にはおねしょパンツも卒業かなぁ

 そうなったら次は春に4歳になる次女にあまったパンツをあげようかな、とちゃっかり計画中のどんぐり母でした~



 

 

 

布おむつ生活始めました♪

 先月の終わりごろからどんぐり父以外のみんなが風邪をひいてしまい、これまで一度も病院にかかったことが無いほどの超健康優良児な長男にいたっては六歳の誕生日深夜に人生初の熱性けいれん→意識朦朧&頭痛を訴える→救急車という親としては心臓のとまりそうなほどの大騒動があったりしたのですが、もともと病気知らずなうちの子達はその後みんな無事に元気になり、やっと夜ものんびり寝れるかなぁ・・・という今日この頃

 少し前から実験的に始めていた布おむつ生活を本格始動させました~

 色々悩んだのですが、購入したのは布おむつ本舗というお店のポケット式になっている、ワンサイズおむつ&インサーツと呼ばれる吸収帯の一式

 なにぶんうちにはトイレトレーニング中の次女(うんちはいつも成功、おしっこは気まぐれで成功)、上の子の真似をしてトイレに行ってもまだまだよく分かってない三女、そしてこの間産まれたばかり、おむつ生活がこれから長い次男の三人いるので、購入する枚数で悩んだのですが、やりながら買い足したらいいやということで、お買い得セットにアウトレットのものと自分の気に入った牛さんのカバーを追加して合計7枚になるよう購入してみました~(吸収帯は遥か昔、カナダで長男が生まれた時にそろえた輪おむつ30枚と成型おむつ10枚を持っていたので、新しく購入した分は20枚でした

 次女はテントウムシ、三女はキリンさん、そして次男君は派手派手な紫パンツをはかせたことろ↓

 布おむつ到着
 三歳7か月の次女着用時

 一歳9か月三女の着用時 

 生後二カ月終わりの次男着用時

 お得セットだったりアウトレットで購入した分は絵柄の指定が出来なかったのですが、どんぐり母が追加で購入したのが牛さんだった事から好みを推測して選んでくれたようで^^、一緒にいろんな動物さんがらを入れてくださったようです
(こちらのお店では他にもいろんながらがあってどれもかわゆくて迷います!

 ただでさえ一日中てんてこまいなのに、布おむつなんて無理かも・・・なんて思いましたが、いざ始めてみれば大した負担ではなかったし(手が空いた時にちゃちゃっと洗って最後は洗濯機におまかせ)、なにより紙おむつの時よりもこどもたちが気持ちよさそうで肌があかくなったりするのが減ったのがとてもよかったと思います

 ちなみに夜が一番心配でしたが、次女は三枚、三女&次男は二枚、パンツのポケットの中に吸収帯になるものを入れておけば、今の所一晩もれずに大丈夫そうです

 我が家の布おむつ生活は始まったばかりですが、いろいろ工夫してながら楽しみたいと思います

 

 

 
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数