おとなの塗り絵とにじみ絵

 子どもが5人(うち一人が赤ちゃん)いて迎える年末は想像通り慌ただしく、毎日があっという間に終わっていきますが

 そんな毎日あわあわとして余裕のないどんぐり母を見て?!クリスマスプレゼントにどんぐり父から大人の塗り絵セットを貰いました

 クリスマスプレゼント

 大人の塗り絵というとイメージでは花とかの絵をお手本通りに塗る。みたいな感じに思っていたのですが、今はすごくいろんな本が発売されている模様(もしかしたらテレビで紹介されていて巷ではブームなのかもしれませんが、うちにはテレビがないので知りませんでした~
 
 色鉛筆もそれ用のものがあるらしく、もらったものもグラデーションをきれいに描けるというコンセプトのもので、赤は赤でもいろんな色合いがあり見ているだけでとても楽しいです 

 ちなみに真ん中がどんぐり父セレクションの本で、他の二冊はこういうのがすごく好きそうな長女にと三重のおばあちゃんからクリスマスプレゼントに送ってもらったもの

 まだ長女には早いかもしれないので、まずは色鉛筆はお母さんのものを貸してあげる、という感じで、一緒に楽しみたいと思います

 そしてまだまだ色鉛筆は早い下の子達も上の子達と一緒になにか創造的なことをさせてあげたいと思い、プレゼントであげたのが下のお絵かきセット

 クリスマスプレゼントのにじみ絵セット

 うちの教育方針に大きな影響を与えているシュタイナー教育の中で行われている『にじみ絵』というものを出来るように、絵具、絵具を溶かす小瓶、筆を洗うビン、絵を描く紙などをセットにしてプレゼントしました

 こうなってくるとさながら自宅幼稚園のようで赤ちゃんの面倒を見ながらうまく出来るかちょっと不安ですが・・・また挑戦した時には日記に書きますネ

 そんなこんなで2015年もあと少し。明日と明後日でお節作りがんばります

 

 

 

 

 
スポンサーサイト

バランスチェア購入しました♪

 昔やっていた競技体操(鉄棒とか床とかあん馬とかするやつ)が原因で今でも満身創痍などんぐり父

 腰はヘルニア、関節という関節は慢性的な腱鞘炎とお医者さんに言われているらしく、仕事をする時の姿勢も気を遣わないとダメなのですが、先日、思い切ってバランスチェアというものを購入しました

 バランスチェア購入♪

 写真を見て頂けたらわかるとおり、座り方が独特なイスです

 もともと北欧生まれのイスらしいのですが、調べれば調べるほど本物はお値段が高い

 いくら一生物のイスでも、体が楽でも、さすがに数万円は予算オーバー

 ・・・という事で今回も困った時のヤフオクでお手頃の物がないか探してみたところ、送料込みで中古の美品が5000円の物が出ていたのでそれを落札しました~(北海道はすぐに送料倒れするので、送料込みの出品だとお得に感じます

 ちなみにHAGというブランドのものらしく、新品価格は26,000円ほど。そう考えると中古でもこの落札価格なら納得できますネ

 届いてすぐに座ってみたのですが、想像以上に楽ちんですわり心地も良い

 子どもたちもどんぐり父が使用してない時には誰かが座っているほど気に入っているようです(写真のようにちびちゃんたちはすぐによじ登って、アスレチックの様

 なかなか値段が高いものなのでそろえるのは大変ですが、これから増えていく子どもたちの勉強椅子も大人用のパソコン椅子もこのバランスチェアにしよう、(というかもう他のイスには戻れない・・・)と心に決めた出来事でした~

 
 
  

 

 

 

 

子ども達と一緒に漆喰塗りに挑戦!

 漆喰の準備編で書き忘れましたが、練済み漆喰と言っても使う前には袋の上からよ~くモミモミしなくてはいけないらしく、こういう作業が大好きな子どもたちにも手伝ってもらってしばらくもみもみ・・・

 漆喰の準備

 袋の上から触った感じはひんやりしてむにゅむにゅなので大人も楽しいです

 漆喰の感じがいい感じになったかな~というところで、自作コテ台を持った子どもたちに漆喰を分配とてもうれしそうな次女↓

 子どもたち漆喰塗

 どんな感じになるかなぁ(ちびっこたちがいるので内心大惨事も覚悟しつつ)と見ていると、意外や意外に一歳の三女もかなり上手に塗り塗りしています

 子どもたち漆喰塗2

 一歳児の漆喰塗

 まだ言葉も少ししかしゃべれない子が上手にコテ台から漆喰を取って壁に塗る姿にはほんとびっくりしました子供のポテンシャルってホント予想外です

 子どもたちがひととおり塗った後にはどんぐり父が本職さんばりの上手さで壁をどんどん仕上げて・・・・(技術はYouTudeで達人の動画を見て習得するそうです)

 漆喰塗乾燥中

 仕上がった後はしばらく水分を乾燥させるために除湿機を置いて放置しておきました

 漆喰を塗ったみた感想としては・・・

 すごくよかったの一言です

 漆喰をぬった押入れと床の間の中にはいると空気が爽やか~もともと結露&カビで家の中でも一番不快だった場所が一番気持ちの良い場所になりました

 その後数週間経っても壁に湿気は感じるものの結露の再発はなし隙間は多めに開けてますが無事に衣装ケースなどを収納することが出来ているので、ほんとよかったと思います

 ちなみに今回の施工面積(押入れ&床の間の壁と床と天井)で24kgの漆喰×二箱でちょっと節約して塗って間に合った感じです(業者がいうより施工面積は少ないかも?!)

 とまぁこんな感じで漆喰塗の第一弾で狙っていた調湿作用も発揮されている事が証明されたので、今度は家中の壁や天井など、どんどん漆喰の面積を増やしていこうと思います

 

  

 

漆喰塗りに挑戦!準備編♪

 家中の結露と戦うべく立てた作戦二本柱のうちのひとつ、壁などへの漆喰塗

 なぜ漆喰なのか?ですが、漆喰には

 ①調湿性 ←これが一番大事!!
 ②防カビ性
 ③消臭作用
 ④静電気防止


 と大まかに言って四つの効果があるということ、そして何よりホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれていない安心なものであることから選びました(同時に珪藻土も検討しましたが、いろんな要素を比較した結果漆喰が勝利しました~

 はじめて漆喰を購入するのでどこのお店で買うのか、どういった道具が必要なのか、など右も左も分からない状態でしたが、とりあえずネットでロハスウォールさんというお店を発見したので、そこから一箱24kgの練り済みの物を二箱購入

 届いたのはこんな感じ↓

 漆喰

 けっこうどろ~としてすくうと重たいです

 このロハスウォールさんはDIY向けの商品として力を入れているようで、色々アドバイス的な冊子も同梱されていて、一通りお勉強した後は近所のホームセンターで道具を購入

 漆喰をすくう道具やコテなどは売ってましたが、コテ台は売ってなかったので家で余っていた材料で自作しました

 コテ台DIY

 今回は子どもたちにも漆喰塗をさせてあげようと思っていたので、子どもたちもそれぞれコテ台を自作

 子どもたちコテ台DIY

 材料のしるしづけからヤスリがけまで一通りどんぐり父の指導の元、がんばりました~

 ・・・漆喰塗り編につづく

 ※今回はロハスウォールさんで練済みの漆喰を購入しましたが、その後いろいろ調べた結果、よりコスパの良い自分で水を足して練るタイプの漆喰も販売されている事が判明したので、次回は違う会社さんから販売されている商品にしようと思っています

 ※漆喰といっても中には自然な素材ではなく、化学物質を混ぜている商品も多いので、購入する場合は商品説明をよ~く読んで下さいネ!化学のりが使われている場合は肝心の調湿作用などなくなって、水をはじいてしまうそうです



 
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数