スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニックコットン生活♪

 新しい年の始まりに思い切って始めたのが子どもたちの肌着や身の回りの物を化繊ではなく綿製(入手できるものはオーガニックコットン)にするという計画

 前から考えてはいたのですが、次女・三女の冬場のカサカサ肌を治してあげたくて思い切って実行しました

 手始めにそろえたのが布団カバー&シーツ(無印良品のもの)↓

 無印の布団カバー

 子どもたちのパジャマ(同じく無印良品の物)

 オーガニックコットンのこどもパジャマ

 そして子どもたちの肌着、Tシャツ、タイツ、ズボンなどなどです

 子ども一人分としてならそれほど大きな金額にならなくても我が家の様に子どもが5人もいるとなると金額も×5倍

 今回のお買いものではパジャマも肌着もセール価格になっているものが多く、とても助かりました(下の子達はまだまだ洗い替えが多くいる年齢なので!)

 子どもたちはというと新しいパジャマに大喜び

 新しいパジャマ

 三女は慣れないパジャマに写真のように固まり気味でしたがすぐに慣れて今では喜んできています(小柄な二歳前の子どもでサイズ90が少し大きいくらい。三歳の次女は100、上の二人は130を折り曲げて着ています

 肝心のお肌の様子はというと、肌着をオーガニックコットンに変えてから明らかに睡眠が深くなっているのがわかり(カサカサ動かない!!)、3歳の次女はかゆいのなくなった~と自分で行ってくるほど調子が良いようです

 ちなみにどんぐり父・母共にこの機会に肌着をオーガニックコットンに変えたのですが、二人とも肌がしっとりする感じで、とても調子が良いです

 こんなんだったらもっと早く変えてたらよかった~

 衣食住、どれひとつとっても健康に暮らすには大切だと再認識した今回の計画、なにより子どもたちが少しでもかゆくないならそれだけで親としてはとてもうれしいので、これからは少しずつオーガニックコットンの物をそろえていこうと思います

 




 
スポンサーサイト

2016年の始まり♪

 ご挨拶が遅くなりましたが明けましておめでとうございます!今年も子ども五人の子育ての合間のマイペースなブログですがよろしくおねがいします

 年末の大掃除にお節づくりから始まりお正月、お正月を満喫したと思ったら子ども5人中長男以外の4人+おまけのどんぐり母が胃腸風邪でダウン・・・となかなか慌ただしい年明けだったので、気が付けばもう新しい年になって11日も経っていてびっくりです

 出来るならお正月はどんぐり父・母の実家のある大阪&三重に帰省できたらいいのですが、今の家を冬に長期間空けるのはかなり危険(いろいろ不安なことが多い!)なのと、四か月の赤ちゃんを連れての本州帰省はどう考えても大変なので、今年のお正月も文明の利器、スカイプを使って新年のあいさつをしました

 長男がカナダで産まれる前から始めたmixi(主に育児日記と写真アルバム)、節目節目のスカイプでの電話、そして最近はラインで短い動画も送れるように80歳越えたひいおじいちゃんも含めた家族間ネットワークを作ったので、世の中便利になったものだな~なんてしみじみ思ってしまいます(16歳の時にアメリカ留学した時はインターネットも出始めの頃で日本にはせっせと手紙書いたり、電話も一か月に一回だったのにな~

 みんなに挨拶を済ませた後には家の近く、というかほぼ敷地内にある観音様に新年のご挨拶

 2016年初詣で

 雪かきで前を通るたびにご挨拶はしているのですが、改めて家族の健康をお祈りしました

 新年を迎え神妙な気分な親とは別に子どもたちはというとお正月のごちそうに大満足し、もらったお年玉に大喜び

 家にいてもエネルギーがあり余っているので、お正月早々外で雪遊びを満喫していました写真の長女は家族みんなでこの冬作った大きいかまくらの上から滑るそりコースからボディーボードのように滑っています

 雪遊び2
 そり遊び♪

 そして2015年は整地作業しか出来なかったどんぐり山の方もすこしずつ始動していく予定なので、そちらもがんばりま~す(^-^)/(その前に現在進行中の今の家大改造を終わらせなきゃ!ですが^^;)


 

 
プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。