FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王切開の際の麻酔

 自分用の記録&これから帝王切開で手術予定の人に少しでも参考になるかも?!、ということで、少しずつですがこれまで四回の出産と今回の出産でいろいろ思った事の記録を残そうと思います

 緊急で帝王切開になった場合(うちの場合では長男出産時)は何も考える暇もなく同意書にサインして・・・という感じですが、前回の出産が帝王切開だったための選択的帝王切開手術やその他いろんな要因で予定帝王切開になる場合は考える時間があるだけにあれこれ不安になったり、今の時代だとついネットでいろいろと調べてみてしまったり・・・

 どんぐり母の様なベテラン?!妊婦でも毎回出産が近づくといろいろあーでもない、こーでもないと考えてあたふたしては、いつもどんぐり父に「あほかっ!!」と一喝されてます(笑)

 そんな中で今回悩んだ事の一つが手術時の麻酔について

 一般的には腰椎麻酔や硬膜外麻酔などの局部麻酔になるようで、今回もなにも言わなければこの二種類の麻酔の組み合わせで手術が行なわれる流れでした

 ・・・が、経験から腰椎麻酔のみだった長男の出産と、術後に硬膜外麻酔で痛みのコントロールをした場合とでは体の回復度合いが違う(長男の時がカナダのスパルタ医療もあってか一番回復が早かった)と思ったどんぐり母は、悩んでいてもしょうがないので、麻酔科の先生に相談してみることに。

 その時の麻酔科の先生がかなりの男前な先生で(←手術とはまったく関係ないですが、なんかポイントUP)、

 その先生曰く、「上半身の手術では痛みが強いのでおすすめしませんが、今回は下半身の手術なので硬膜外麻酔無しでもその他の痛みどめの方法でも大丈夫でしょう!!」との意見だったので、そのどっしりとした態度と素敵な笑顔に安心感を感じたどんぐり母は、「じゃあ腰椎麻酔オンリーでお願いします!!」とあっさり決断 

 あとあと考えると術後の痛みがすごくて耐えられないほどだったらやっぱり硬膜外麻酔いれとけばよかった・・・なんて後悔するのかも・・・とも思ったりもしたのですが、そこは痛みに強いと過去の出産でいわれた自分を信じるしかないと覚悟を決めました~

 当日は、手術台にのってしまえばまな板の鯉状態なので、いつもの妊婦的にはかなり大変なお腹を丸めて~背中を突き出して~の姿勢をとり、ドキドキ・・・

 何度経験しても背中に注射されるのはかなり恐怖心があるものですが、今回は麻酔の種類が一種類だったため、いつもよりちくっとする回数も少なく、「え、もう終わりですか?」と聞いてしまうくらい、たいした痛みもなく、あーっという間に下半身の感覚がなくなりました

 ・・・術中&術後などについては後半で







 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。