つわりには卵?&美瑛のおいしい卵発見!!

 今から14年ほど前。どんぐり父がまだ大学生&アルバイトでUSJのパレードに出演していた頃のこと(映画ETの主役の男の子のキャストで出ていたそうです~

 USJパレード

 その頃に出会って途中うちがカナダに行ったりで疎遠になったときもありながら、同時期に最初の子どもが産まれたりで今に至るまで仲良くしているお友達が京都にいるのですが、先日三人目を授かったとの嬉しい連絡があきこさん、おめでと~\(^o^)/

 今はまだ妊娠初期でしばらくはつわりとのたたかいになりそうな感じだったので、急遽帝王切開についての話は後回しにして、どんぐり母が五回目の妊娠の時に参考にしてつわりがかなり楽になる情報があった、オーストラリア在住の方のサイトをこのブログを使って紹介させてもらいます

『健康で幸せなマタニティーをお手伝い』
 http://ameblo.jp/oldstylenaturallife/

 詳細は興味があれば読んでもらうとして、その中でもどんぐり母の場合、妊婦は卵を積極的に食べたほうがよい、との情報をもとに手に入る中でいちばん自然な環境で育った卵を一日二個食べていたら、なんと前四回の妊娠ではうーうー言っていた時期にけろっとつわりがおさまって、体調も絶好調に

 厳密にいうとその他色々試してみていたこともあるのですが、直感的にはこの一日卵二個(調理法は温泉卵)が妊娠期間を通してかなりよかったような気がしているので、つわりがしんどい妊婦さんにおススメです
 
 ただし・・・・上で紹介したブログにもあるとおり、食べるのは出来るだけ自然な環境で、自然な餌を食べている鶏の卵を選んでくださいネ

 ちなみにどんぐり家は先日、美瑛の美沢で平飼い・有精卵を販売しているつばた農園さんというところを直売所で発見したので、これからはそちらから卵を購入しようと思っています

 つばた農園さんの卵

 かなりお財布的にはきびしいですが(お店では一個60円ほど、直接買いに行ったら一個50円との情報)、なんといっても自然な環境で大事に育てられた鶏の卵であること、そしてなにより味がすごくおいしいかったことからリピート決定です

 早速買ってきた卵でプリンをつくったので、子どもたちは大喜び

 みんなきれいに食べてました(写真は我が家の三歳の次女です

 プリン

 どんぐり母は妊婦生活はとりあえず卒業ですが、まだまだしばらくの間は授乳中&育ちざかりの子どもたちのご飯をつくっている身

 オーストラリアやカナダ程は簡単にみつからなくても、これからもあきらめずにこんな感じでよい食材をボチボチ探していこうと思っているので、また何か見つけたらブログでご紹介しま~す

 



 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんぐり山の大家族

Author:どんぐり山の大家族
北海道の丘の町美瑛にあるどんぐり山に丸太小屋をセルフビルドする事を目標に、家族7人、自給自足の暮らしを目指しています!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数